FC2ブログ
すばらしいアニメ・映画を求めてブログとネットを駆使して放浪中。いつまでもこうやってブログとアニメと現実を両立できていければ、もう何も要らない・・・。
 K-1 グランプリ 2009


 今年もすげえな・・・。
 出場メンツも文句なしのメンバー!!
 やっぱり注目はバダハリとオーフレイムですかね

 リザーブマッチに関しては今回は触れず。
  


 次のページへ






 ルスラン・カラエフ VS バダ・ハリ

 この二人の戦いは決着早いと思ってましたが
 正直ここまでとは。しかも今までと違い圧倒的!
 まあそれでも目に見えるほど二人にデカイ差は無いと思うのですが
 最近バダハリカウンター食らわないんですよね。
 
 パンチはフックが多いのですが
 フィニッシュはショートフックだったり
 クロス気味のストレートだったり
 きれいに決めるんですよね

 ということで
 バダハリが1ラウンドKO勝ち




 シェイラ VS オーフレイム

 これも圧倒的でしたね。
 相変わらずガードを固めて
 相手がたまらず突っ込んできたらパンチ。
 離れ際にローキックも狙う
 隙があれば膝を狙うと言う
 
 組際が甘いシェイラに
 右胸部と顎に一発ずつ膝!
 悶絶気味に前のめりにダウン。
 これは立てない・・・



 
 シュルト VS ジェロム・レ・バンナ

 シュルト成長しましたね。
 最初金的かと思ったのですが
 膝が腹に命中!!
 それが効いたのか、その後の前蹴りで二度目のダウン
 シュルトのKO勝ち!!



 ボンヤスキー VS エロール・ジマーマン

 レミーにとってはここでの闘いが痛かった
 ディフェンスを固めるものの
 顔面への攻撃を警戒しすぎて
 ローキックを食らってしまう

 中盤でダウンを奪い
 判定によりボンヤスキーが勝利!





        準決勝戦         




 バダハリ VS オーフレイム 

 一度はオーフレイムに負けているバダハリ。
 おそらく決勝以上に重要な闘いになるかと思われた
 この闘いは意外な結末を迎える。

 打ち合いになったところで
 右がキレイに入りオーフレイムがダウン。
 
 その後すぐに立つがダメージが残っており
 パンチをボディに集中したことによりガードが下がり
 左ハイキックがキレイにヒット
 倒れこそしなかったが、審判が危ないと判断
 よろめき方からダウンと判断し
 バダハリがKO勝ちで勝利!

 過去に例を見ないほど
 トーナメントを理想的な形で上がっていくバダハリ



 ボンヤスキー VS シュルト

 早々にダウンを奪ったのはなんとレミー!?
 ジャンプ気味に放ったパンチがきれいに顎にヒット
 押されぎみに食らったシュルトは
 あっさりバランスを崩しダウンを奪われる・・・。

 しかしこれは奇策に近いもの
 パンチもクリーンヒットではないのでダメージは少ない
 そもそもレミーにはダメージが有り
 自分よりさらにリーチの長いシュルトから外の攻撃を
 3ラウンドも耐えうる力は残ってなかった

 シュルトは早い段階でダウンを奪い返し
 最後はレミーには珍しいローで敗北!
 その苦痛の表情からは、前の試合でのダメージの大きさが伺える





        決勝戦         




 バダハリ VS シュルト


 実はこの組み合わせは前にもあり
 今年の5月アムステルダムにて
 結果はなんとバダハリの圧勝!
 シュルトは今まで自分と同格のリーチを持ち
 なおかつまっすぐ戦う敵とは戦ったことは無く
 勢いもあったバダハリに圧倒されてしまった・・・。

 
 ところが今回は逆だった
 アムスでの闘いは早々に仕掛けにいったバダハリ
 が、今回はやや距離を取りながら戦ってました
 もちろんパンチ主体で飛び込んでいきましたが
 体制を立って直すときに左ジャブをキレイに喰らいダウン。

 その後もハイキック・前蹴りでダウンを奪われ
 セームシュルトが再び王者になりました。
 バダハリは今後ガードのレベルアップも重要かと
 確かに攻めが彼のスタイルではありますが
 トーナメントでは攻撃を喰らわない技術は重要

 今回シュルトは
 下手だったとはいえ腕を前に出しパンチを防いでいました
 何度か顔面にパンチが当たるも
 その前に出していた腕に当たってるので威力は半減。
 まあバダハリはあんなことがあってもこの人気なので
 (解説席完全にバダハリの味方だったもんねw)
 若さもあるのでまだまだいけますよ!!



 タグ: K-1 グランプリ 2009 バダ・ハリ セーム・シュルト 格闘技

 
にほんブログ村 トラコミュ K-1へ
K-1
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/2698-783558e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック