すばらしいアニメ・映画を求めてブログとネットを駆使して放浪中。いつまでもこうやってブログとアニメと現実を両立できていければ、もう何も要らない・・・。
 アニメ NO.6

 第05話 『冥府の天使』 感想



 次のページへ






 制作:ボンズ
 ・NO.6 公式ホームページ



 -スタッフ-
 監督:長崎健司
 シリーズ構成:水上清資
 キャラクター原案・コンセプトデザイン:toi8
 キャラクターデザイン・総作画監督:石野聡
 色彩設計:菊地和子
 美術デザイン:金平和茂
 美術監督:川本亜夕
 音楽:鈴木慶一
 音響監督:三間雅文
 アニメーション制作:ボンズ
 

 -キャスト-
 紫苑:梶裕貴
 ネズミ:細谷佳正



 
 ボンズがこの作品をアニメ化するとは

 雑誌で見るたびに何度もマクロスFと
 勘違いした作品。理由は…わかるだろ?w
 いや、設置とか内容とかはボンズ向きかもしれない。
 ただキャラクターが…ボンズがまさか
 その領域に手を出すとは思ってなかった^^;






 -感想-

 主人公「二人が俺の翼だ!!」


 ついに№6内で謎の事件が頻発するようになった。
 もちろんそれは紫苑が経験した老化である。
 町の上層部自体はそれを把握しているようだが
 住民は当然気がついているわけがない…。

 外では外で紫苑はイヌカシたちの話から
 №6の黒い部分やネズミの仕事など
 裏側の事情を知っていくことになる。

 気になるのはねずみと沙布が聞いた歌。
 これはやはりヒロインとしての力なのか?
 紫苑はネズミに惹かれていっているが
 自分から見たら沙布のかわいさは抜群!
 (まあ女性キャラが少ないというのもあるがw)
 これは二人ともヒロインという落ちも…w



言及TB

http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/07/no-b675.html



 タグ:NO.6 ボンズ 生と死と 梶裕貴 細谷佳正 アニメ 感想





にほんブログ村 トラコミュ NO.6へ
NO.6
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/3990-e8b6f140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
この世の果てで踊る二人・・・。 なんだか個人的な好みにどんどん入っていくような感覚ですね。 この世の果てのような場所で 皮肉にも都市の人間よりも人間らしい生活をしている。 誰かと一緒に暮らして 喜びと悲しみを分かち合って 違う人間同士分かり合って...
2011/08/06(土) 03:43:24 | 超進化アンチテーゼ
風が、吹いた・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108050002/ NO.6♯1 (講談社文庫) posted with amazlet at 11.08.03 あさの あつこ 講談社 売り上げランキング: 324 Amazon.co.jp で
2011/08/06(土) 06:24:49 | 日々“是”精進! ver.A
 理想都市「no.6」で暮らす紫苑は12歳のある夜、ネズミと名乗る少年に出会った。 あの日から4年後、紫苑を待ち受ける運命とは。第5話目。 冬の理想都市no.6で、街中で突然女性...
2011/08/06(土) 08:20:26 | ピンポイントplus
NO.6「第5話 冥府の天使」に関するブログのエントリページです。
2011/08/06(土) 10:56:05 | anilog
「歌が 聞こえたんだ」 ネズミ、そして沙布に聞こえた“歌”とは―― NO.6では 新たに寄生蜂による犠牲者が…!    【第5話 あらすじ】 NO.6で、再び人が老人と化して死亡する事件が起きたという。力河か...
2011/08/06(土) 15:49:36 | WONDER TIME
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/08/no-cbe2.html
2011/08/07(日) 08:37:44 | うたかたの日々別館
NO.6 第4,5話先週、時間が取れなかったので2話分まとめて。この2回はネズミが天然・紫苑との距離を測りかねて苦悩してる回という感じでしょうか?正直言うと、まだ世界観を掴...
2011/08/07(日) 15:22:05 | SOLILOQUY
NO.6 第4,5話
2011/08/07(日) 15:22:21 | SOLILOQUY別館
 季節は少し流れ、雪降る冬のNO.6。  NO.6の施設である黄昏の館で生活をしている沙布の祖母は、ほかの老人の人たちと一緒にこの光景を内部から眺めていた。  もちろん、彼女が持っている籠の中には、編み...
2011/09/13(火) 23:52:15 | シュージローのマイルーム2号店