すばらしいアニメ・映画を求めてブログとネットを駆使して放浪中。いつまでもこうやってブログとアニメと現実を両立できていければ、もう何も要らない・・・。
 異能バトルは日常系のなかで

 第08話  『戦争 ホルムガングバトル』  感想



 次のページへ






 -感想-

 あの兄作り設定じゃなかったのかw


 今回は主人公サイド側はあんまり出番無しで
 灯代の兄が本当の異能者でしかも
 しっかり戦っているとはねえ…。

 どうやらあの口調だと、主人公たちに
 宿った異能の力も無関係じゃなさそうだ。
 向こうは向こうでご都合主義のようで。
 それにしても口の悪い精霊だw

 とりあえず前回から続いてた問題は解決?
 …したのかね?鳩子もあの性格だから
 納得してるかもだけど“解決”はしてないよね
 まあ灯代も鳩子が怒った理由の一部を
 理解してたからあのタイミングで
 自分の状況を説明したんだろうけども

 ただ難しそうですね。二人はともかく
 その度合いこそ違うだろうけど
 彩弓も千冬も主人公のこと好きだろうし
 主人公の性格上、異能があるかぎり
 誰かを選んだりはしなさそうだし^^;



 -追記-
 ところどころガイナっぽい演出だったね。
  





 タグ:異能バトルは日常系のなかで 岡本信彦 アニメ 感想
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/5758-08471fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
異能バトルは日常系のなかでに関するアニログです。
2014/11/25(火) 11:38:24 | anilog
[ 『戦争』ホルムガングバトル ]
2014/11/25(火) 12:12:21 | 菜の花さんの2次元空間
第8話 「戦争」 ホルムガングバトル 公式サイトから安藤たちの日常とはまた別の所で、異能者たちと異能バトルを繰り広げている桐生とその仲間たちの日常。桐生は『リーティア』という名の妖精と手を組み、仲間たちと『F』という異端グループの殲滅を目論んでいた。 桐生一と対戦する湯川東平。一の異能「堕とし穴」ピンポイントアビスで勝利する。敗者は戦闘の記憶を失って元どおり。これは精霊戦争の実体だった。人間...
2014/11/25(火) 23:44:06 | ぬる~くまったりと