すばらしいアニメ・映画を求めてブログとネットを駆使して放浪中。いつまでもこうやってブログとアニメと現実を両立できていければ、もう何も要らない・・・。
 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 続

 第02話 『彼と彼女の告白は誰にも届かない。』 感想



 次のページへ






 -感想-

 一番大切な部分を見落としていた…。


 …他者に任せてしまってる時点で
 解決方法は他になかったかもしれないね。
 本来なら葉山が自分の今の考えを説明し
 説得するのが一番の方法だったろうけど
 (葉山は否定しているが)
 上っ面だけの関係じゃあ厳しいかもね
 大学くらいはともかく、社会人になったら
 ほぼ連絡取らないタイプの友人だろうに。
 葉山にとって本当の意味で信用できるのは
 もしかしたら八幡くらいかもしれんね。


 さて、相変わらず血を流すのは八幡でしたが
 今回はそれ以外にも…。まあそこまで
 考えられなかったと言うか
 考えないようにして生きてるんだろうね。
 この解決策で傷つくのが自分以外に
 いるとは思ってなかったんでしょうね…。

 今回個人的に嬉しかったのが
 文化祭の後にも拘らず、なんだかんだで
 周りが八幡という存在を蔑ろにしてないこと
 海老名もそうだし、三浦もそうだった。

 しかしこういう話はいつ見ても心が痛い^^;
 最後まで見続けることができるだろうか?
 


 タグ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 早見沙織 東山奈央 感想
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/5829-ad075db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続「第2話 彼と彼女の告白は誰にも届かない。」に関するアニログです。
2015/04/10(金) 09:38:13 | anilog
[ 彼と彼女の告白は誰にも届かない。 ]
2015/04/10(金) 11:56:00 | 菜の花さんの2次元空間
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2話『彼と彼女の告白は誰にも届かない。』 感想(画像付) たった一つの最低な解決法。 また八幡の自己欺瞞が炸裂…。 それで傷ついて、泣いてくれる人もいるんだけどね。 どうしようもなく嘘つきで不器用。  修学旅行先の京都で、依頼された恋の相談を成就させるべく動く八幡たち。 結衣たちとともに葉山グループのクラスメイトたちと...
2015/04/10(金) 12:54:05 | 空 と 夏 の 間 ...
告白大作戦! 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」の第2話。 あざと可愛い妹からのお土産要求の回想。w 修学旅行の朝を迎えると彩加の寝顔が目前に、そしてなぜか材木座まで・・・ 告白を成功させるために翔と姫菜の親睦を深めるようにさりげなく二人に したりするが、今ひとつ進歩は不明。というより八幡は不満を感じている? そんな八幡に「余計な事をするな」と警告する優美子...
2015/04/10(金) 19:18:19 | ゆる本 blog
第2話 彼と彼女の告白は誰にも届かない。 公式サイトから修学旅行先の京都で、依頼された恋の相談を成就させるべく動く八幡たち。結衣たちとともに葉山グループのクラスメイトたちと見学先で行動しながらも、八幡はあることに気づく。恋の依頼の裏にあったそれぞれの想いとは?そして八幡がとった意外な解決策とは!? 妹の小町は兄に修学旅行のお土産ベスト3を手渡す。3位は生八ツ橋、2位は油とり紙、母親用も含めて...
2015/04/10(金) 22:56:31 | ぬる~くまったりと
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説・サントラCD同梱) [DVD](2015/06/24)江口拓也、早見沙織 他商品詳細を見る 嵐山の、竹林の中の道。 名前忘れたけど観光名所だったようなそうでなかったような。 落ち着けそうな場所ですね。 結衣ちゃんは告られるなら、その場所がいいようですね。 誰に・・・でしょうかねw ...
2015/04/11(土) 02:22:52 | ゆらゆら気ままに
一番の大嘘つきは俺だった
2015/04/11(土) 10:48:12 | 往く先は風に訊け
八幡の妹キタ━(゚∀゚)━!!!! でもあざと可愛いです。 あざとくても可愛ければおじさん問題ないわよ?
2015/04/11(土) 23:57:16 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記