fc2ブログ
すばらしいアニメ・映画を求めてブログとネットを駆使して放浪中。いつまでもこうやってブログとアニメと現実を両立できていければ、もう何も要らない・・・。
 コードギアスSTAGE19 『 神 の 島 』 の感想です!
 今回は無人島に飛ばされた?とにかく変な遺跡のある島にいた二人。その後それぞれが敵である人物にであう。だが今回は後半のストーリーにかなりの疑問が残る。遺跡のアレとC.C.のアレはいったいなんでしょうか?そして本当に全部あわせて50話で終わるのでしょうか?
 いい意味で期待を裏切られました。今話でのルルーシュとユーフェミアには感動!!しかしルルーシュよ、そんなに甘くて世界を変えられるのか??
 感想は続きを読むにて!
  20070303052117.jpg

 とりあえず無人島に流れ着いたとスザク。一方ルルーシュも同じ島のようだ。別の場所から島と現状の情報収集をしているそれぞれ。

 スザクは滝で水浴び中のカレンを発見!スザクを見つけカレンは迷わずスザクに襲い掛かるが返り討ち。スザクはこのときカレンが日本人で黒の騎士団員だということに気づく。
 一方ルルーシュは海に流れ着いていたユーフェミアと出会う。ルルーシュは銃を突きつけるが、なんとユーフェミアに正体がばれていた!!しかも誰にも言っていないという(正確にはある程度予想がついていて死ぬ前に確認したかった)。死ぬ前に顔を見せてくれと言われゼロの仮面をとるルルーシュ。ルルーシュだと分かると喜びで涙を流すユーフェミア。

 浮遊航空艦アヴァロンでは特派と(久々に登場)バトレーとシュナイゼルが話をしていた。セシルの態度や言動に皇族ながらも紳士に対応するシュナイゼル。彼は予想よりいい人のようだ!しかし彼はスザクやユーフェミアごとゼロを攻撃したのに対し優先順位がどうたらはなしていたが、「スザクの強さに賭けた」とか「申し訳ない」とかある意味ゼロより性質が悪い!SEEDのデュランダルを髣髴させるような…。(管理人の感です!)
 20070303052244.jpg


 スザク側:カレンは当たり前だが拘束された。どうやらカレンも気がついたらこの島にいたらしい。カレンにゼロについて聞くがカレンは答えない。
 ルルーシュ側:ユーフェミアの服を乾かす間、代わりに自分のマントを渡すルルーシュ。
 二人は話を始めた。
 ルル「いつから気づいていた?」
 ユフィ「ホテルジャックのとき」
 ルル「そうか。あの時は思わず言い過ぎたよ」
 ユフィ「でも確信したのは今さっき」
 ルル「ふん。甘いな俺も!しかしなぜコーネリアに相談しなかったんだ?」
 ユフィ「お姉様は私の言うことなんか…。それに、それ以上に悲しくて」

 会話の内容からも察せられるようにこの二人結構仲いい見たいです(というより皇帝以外は親族に寛容なんですね)。またルルーシュの母マリアンヌはコーネリアの憧れだったらしい。マリアンヌ殺害の件も単独で調べている様子。そして
 ユフィ「私も聞いていいかしら?貴方はゼロ??それとも…」
 ルル「ルルーシュだよ。…ああ!今ここにいるのは君の知っているルルーシュだ!ユフィ」
 このシーンにはユフィ以外に自分も感動!!(しかし番組終了後、次回予告のルルーシュの態度に若干怒りを覚えた!) そしてルルーシュはユーフェミアのために食料を調達すべくトラップを仕掛けることに。きつい力仕事にがんばるルルーシュ。ユーフェミアは心配そうに見守っていた。

 変わりましてスザク側:スザクたちも食料調達のためスザクが海で魚や貝類を狩っていた(こういうのは得意そう)。だがいまいち協力できないカレン。強情なところは結構似てるかも!
 ルルーシュ側:テコの原理がどうたら言っているがあまり作業が進まないルルーシュ。ユーフェミアは手伝おうとしたが変なプライドで自分だけで作業するというルルーシュ。若干不安になったユーフェミアは果物を調達しに行った。

 黒の騎士団では若干重苦しい空気になっていた。ゼロを捜索するか黒の騎士団の安全をとるかで討論する藤堂とディートハルト。その意見の間を行ったり来たりの扇。さらに玉城とC.C.の口喧嘩(このときのC.C.の目つきに注目)。たまらず機転を利かしいい意見を出しその場をなだめる扇。やはりクッション役は彼しかいない!
 だがこの組織は本当にゼロがいないと何も出来ないなあ…。そしてC.C.の謎の会話!どうやら四人が同じ島にいるのはこの会話の相手のせいらしい。


 ルルーシュ側:ものすごく苦労して造っていたトラップは結局完成せず、ユーフェミアが取って来た果物で空腹を満たすことに!このときのルルーシュの表情はうけますよ!
 スザク側:お腹いっぱいでご機嫌のカレンに黒の騎士団を辞めるように説得するスザク。自分の過去も全て話、自分がいままで生きてきた結果間違った方法で得たものに価値はないと説くスザク。
 ルルーシュ側:夜になり寝る前に二人は昔の思い出について語り合う。だが二人を待ってるのはもう昔には戻れないという現実だった!
 スザク側:ゼロが根本的に間違っていると説くスザクに、自分の兄が生きていた意味を問うカレン、スザクの正義では間違っていたから生きていた意味がないということになってしまう。
 ルルーシュとスザクは今回のことで今までの生き方に若干の疑問を持ち始める!

 シュナイゼルたちはこの島の遺跡調査に来ていた。またこの言葉が出てきた『至高エレベーター』!どうやらこの遺跡にその情報もしくはそれ自体があるらしい。しかもこれと同じようなものが世界のいたる場所に存在するらしく、地域制圧はこれらにそって行われているようだ(これが目的で日本や他の国を占領していた可能性が)。
 
 偶然ゼロとユフィ・スザクとカレンが再会そしてロイドが勝手に作動させた遺跡の衝撃により足場が崩れ四人は遺跡のところまで落ちる。
 地面の光の紋章に見覚えがあるのか、呆然と立ち尽くしてしまうスザク。その間に脱出することにしたカレンとゼロ。そこで偶然ガウェインを見つけたルルーシュは脱出用に乗り込み操縦し奪取することに成功!ハドロン砲は調整前だったが飛行能力は生きており、これにより逃走に成功(まるで負けて帰る悪役みたいに)
20070303052418.jpg


 シュナイゼルは2人の無事を喜んでくれた。ユフィもシュナイゼルに会い安心する。しかしその場で命令違反でスザクが捕まってしまう!
 なんとルルーシュはスザクを救うべくギアスで『生きろ!』と命令したのである!このときの命令を無視する発言によりスザクはつかまってしまう。まったく身に覚えのないスザク。死に場所を探し、やっと死に場所を見つけたのに生きようとするはずがないのに!

 スザクの不手際がコーネリアの耳に入るが、それ頃ではなくなった。なんと日本国旗を掲げた軍隊が九州を襲撃していた。次回は波乱の大バトルの予感!!






 終わり。
 だが今回もかなりの疑問が残りました。整理してみましょう!

 マリアンヌはパイロット??
 コーネリアはマリアンヌに憧れていたようだ。ネット上でかなり否定されていたマリアンヌパイロット説がここで若干浮上してきたか?

 C.C.の話し相手の候補に皇帝??
 会話の状況や内容から察するにその可能性が…。
 会話の内容「まったく!お前のいたずらのせいでつまらぬ男と会話を、カレンまであの島に?趣味が悪いな!観察者を気取って。」少なくとも今まで出てきた登場人物で状況的に該当しそうな人物は今のところそれくらいか。仮にそうだったらC.C.本当に味方なの?
 
 シュナイゼルはいい人?
 本来ならいい人ですむかもしれないがこれはコードギアス。なにか裏があるに違いない、というのが管理人の考えです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ども、月詠です。お久しぶりです(TBではお世話になっていますが)。

>>マリアンヌはパイロット??
ギアスのメルマガですでにマリアンヌが初期ナイトメアフレームのパイロットであることが暴露されているので、こちらは確定かと思われます(肝心のメルマガを私は登録していないので、他の方から教えてもらった孫引き情報ですが)。

加えてマリアンヌはその功績によってパイロットから騎士候に昇格し、その後皇妃となった可能性が有力かと思われます(マリアンヌの功績については、メルマガ以外でも公式HPにある「ナイトメアフレーム開発史 第三回」でそれらしい記述がありますので、そちらをどうぞ。私も数回前のギアスの記事で取り上げています。


ではノシ
2007/03/04(日) 23:41 | URL | 月詠 #ja082R02[ 編集]
 貴重な情報ありがとうございます!
 自分もメルマガには登録してないのですが、しかし確かに公式サイトの記述で確定的ですね!うかつでした…。
 そしてさすが月詠さんですね!たしかにあの時点でしっかり見落とさなかったとは。勉強になりました!
2007/03/05(月) 00:02 | URL | 荒野の旅人 グレード #-[ 編集]
復活早々にカキコありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
荒野の旅人 グレードさんは毎回しっかりと感想を書いていて、更新の勉強になっています。



2007/03/05(月) 05:01 | URL | C.C. #-[ 編集]
自分も修行中(?)の身ですから!
忙しくて更新大変でしょうが、お互いがんばりましょう!
2007/03/05(月) 05:08 | URL | 荒野の旅人 グレード #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/08(木) 23:54 | | #[ 編集]
深夜アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」のエグゼクティブプロデューサー竹田菁滋が朝鮮総連と深い関わりを持っていた

竹P発言集(一部)
「僕は朝鮮総連と仲よかったから、在日の問題とかもやってました。万景峰号も3回ぐらい乗ったことあるんですよ。」
「作中に出てくる占領された日本は終戦直後の日本や植民地時代の韓国
・台湾を参考にしてる」←作中=コードギアス
「全力投球で製作したアニメを通じて子供に現実社会の真実を伝えたい」
「世界のあちこちで勝手に戦争を起こして人を殺すアメリカとは何なのか、問うてみたい」
「イラク人を殺しに行かせてるのは日本人だと子供に分からせたい」
・単なる親友だったキャラを帝国側の兵士に強引に変更
・前番組のBLOOD+の内容を大幅に変更
竹田 菁滋(たけだ せいじ、1960年 - )は毎日放送の東京支社テレビ編成部副部長(役職は2006年10月現在)
2007/03/09(金) 05:44 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/88-16ac4378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
僕は知っているんだ、間違ったやり方で得た結果が何を残すか――。 創世の秘密の眠る島――。 そこにスザクやルルたちが残されたのは、神の気まぐれか。 偶然ではなく必然。何者かの意思が働いたのか。 なんだか超展開です(笑) 某種の超監督が書いたのかスタッフロールを
2007/03/03(土) 08:51:51 | SERA@らくblog
「神の島」 浜辺に打ち上げられたスザク。打ち上げられる前後の記憶は失われている。
2007/03/03(土) 08:57:33 | たこの感想文
『神の島』イメージ通りのお声を、ありがとうございます。シュナイゼル・T・タカミチ殿下wwwwww全ては、豚骨魔法を完成させるためさ(マテもう、シュナイゼルが喋る度に、タカミチの顔が思い浮かんで大変でした。
2007/03/03(土) 10:34:22 | ACGギリギリ雑記
絶体絶命のピンチから、別の島へと転送されていたルル、スザク、カレン、ユフィ。それにシュナイゼルが加わって、今回も内容が濃いお話になりました。今回は、いきなりスザクにちょっ...
2007/03/03(土) 11:32:39 | 日々の記録 on fc2
アニメディア 2007年 03月号 [雑誌]そこは何もない島だった・・・。ひとまず水場を確保するためスザクは歩き出す。一方のルルーシュも、スザクと同じくここ神根島へと流れ着いていた。そして、そこでユーフェミアと出会う・・・。
2007/03/03(土) 11:55:31 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
コードギアス第19話の感想。正直筆記試験の勉強しないと非常に不味いのですがこれだけはやっておかねば!
2007/03/03(土) 17:28:46 | AREHUの凡骨日記
コードギアス第19話。アヴァロンに攻撃されたゼロやスザク。2人は"神の島"で対峙する。
2007/03/03(土) 22:26:26 | 我が人生に燃えて、そして萌える
第19話「神 の 島」無人島でルルとスザクが二人きり!?・・・と思ったら他にもいました。。。残念。。。滝で水浴び中のカレンを裸のママ押し倒した超人スザク!裸にマント一枚のユフィを押し倒したいけで出来ないヘタレルル!しかも仮面してたのに正体
2007/03/03(土) 23:45:51 | 孤狼Nachtwanderung
いやぁ~大変長い間更新をサボってしまい、申し訳ないm(__)mとにかく、コードギアスだけでも更新を再開しようと思ったので、頑張って書いてます(管理人!エライ)てか、コードギアスはちゃんと見てたので、
2007/03/04(日) 04:04:40 | 反逆のC.C.
アニメ感想 コードギアス 反逆のルルーシュ 第19話「神の島」 <あらすじ>浮遊艦アヴァロンから試作型ナイトメアフレーム“ガウェイン”のハドロン砲による砲撃を受けたスザクは、気づいた時には式根島ではない島
2007/03/04(日) 23:35:21 | 刹那的虹色世界
あの・・・今更なんですけれど・・・―――これ、何ていう名のガン○ム?いや、今回はそう言わざるを得んでしょ~~誰が見たってさぁ・・・。ユーフェミアと一緒になったルルーシュはともかくとして、スザクとカレ
2007/03/05(月) 16:29:29 | 怜奈の自己主張
俺は… ユフィ、俺自身が生きるためにも――みっともなく足掻いて、生きる意味を探し求める…醜いな俺は――…
2007/03/09(金) 21:18:45 | 日々の徒然言