FC2ブログ
すばらしいアニメ・映画を求めてブログとネットを駆使して放浪中。いつまでもこうやってブログとアニメと現実を両立できていければ、もう何も要らない・・・。
 PERSONA -trinity soul-

 第16話 『解放の子と治癒の聖霊』


 神郷慎:岡本信彦
 神郷諒:子安武人
 神郷洵:沢城みゆき
 茅野めぐみ:阿澄佳奈
 守本叶鳴:中原麻衣
 榊葉拓朗:田坂秀樹
 


 ペルソナ=『対人関係の中で自然と生じる幾つかの人格が、何らかの要因によって実体化したなにか』
 それらで戦いを繰り広げるペルソナシリーズの最新アニメ!
 今回は第16話!メンバーはそれぞれ覚悟を決めるときだ。だが事態は思ったより早く進行していった。



 -あらすじ-
 
 何も迷ってない慎が逆に不安・・・。

 急にそんなこと言われても・・・。拓朗もめぐみもやはり戦うとなると決意が鈍ってしまう。たしかに拓朗は戦うためにペルソナを練習してきましたがいまだに自由に操れない。めぐみは使いこなすことは出来るが、やはり昔の出来事から自ら戦いに率先して参加できるわけが無い・・・。

 そんな中慎はたった一人待機!彼の目には何の迷いもなかった・・・。
 今回の目的は製薬会社とマレビトとの接触から、ペルソナ促進剤を奪取すること。このまま彼らの自滅を待てばいいのだが、その間にもまたペルソナ狩りを始めてしまいリバース犠牲者が出るかもしれない!
 戦いは極力避けて薬を奪うのが目的だが、まあ大人たちは戦わせないつもりでも、彼らがペルソナ戦で役に立てるわけが無い。


 しかし、実は彼らも大分限界に来ていた!この前死んだ兄弟の一人ももはや限界寸前。
 ぺったりも余裕そうにしてるが、実際薬が無いと難しい状態だ!


 真田たちは空中からヘリを使い製薬会社の方を追跡!しかしすでにその作戦はバレていて待ち伏せされていた・・・。



 -感想-
 
 全員戦うっぽいですね!

 拓朗はともかくめぐみも叶鳴も洵も来ちゃいましたしね・・・。
 大人たちの出番がますます減るわけですがw それにしても拓朗は何でまだ操作下手なんですかね・・・w



ただいまFC2ランキングに登録中
よろしくお願いします!
c_03.gif


また、最近アニメブログに登録しました!
面白かったらクリックしてください!!
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
banner_02.gif
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/989-88ab094e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アニメPERSONA 発言者:→宵里、→春女です。 「めぐみが薬の受け渡し場所を
2008/04/22(火) 15:49:10 | kasumidokiの日記
予期せぬ戦い。
2008/04/22(火) 16:44:54 | ミナモノカガミ
「解放の子と治癒の聖霊」 ペルソナを使って戦え、ってことだよな? 戌井たちに伝えられた言葉に戸惑う拓朗ら。だが、その中で慎の心はそ...
2008/04/22(火) 16:52:13 | 新・たこの感想文
 「これは必ずしもペルソナによる戦闘を前提とした協力要請ではない。そして強制でもない。だが、彼等と戦う事が出来るのは君たちだけだ。そして戦うとなれば相手は命がけでかかって来るだろう」  真田や戌井から話を聞かされてから間もなく、「稀人」たちが動き始め...
2008/04/22(火) 17:01:36 | たらればブログ
慎・拓朗・めぐみは真田や戌井によって全てを知らされ、戦うか どうかの選択を迫られていました。強制ではないと言っても、 いきなりそんな...
2008/04/22(火) 17:26:33 | Girlish Flower
マレビトとの、戦いの時……。 終始ほぼシリアスだったためか、見終わった後どっと疲れた、「PERSONA -trinity soul-」第16話のあらすじと感想です...
2008/04/22(火) 20:14:18 | 渡り鳥ロディ
■第16話 解放の子と治癒の聖霊 真田明彦と乾先輩の私設ペルソナ特殊部隊へのスカウトでしたが、慎達の結論を待たず事態は進行してしまい...
2008/04/22(火) 20:34:40 | めもり~る~む
「なんか、いろいろと納得いかねー」 真実を知らされた慎たちは、協力するかどうか答える前に マレビトの新しい動きについて教えられ、強...
2008/04/22(火) 21:08:41 | ジャスタウェイの日記☆
JUGEMテーマ:漫画/アニメ   君たちの意思を問う前に伝えておきたい     これは必ずしもペルソナの戦闘を前提とした協力要請ではない     そして強制でもない     だが・・・彼らと戦う事が出来るのは君たちだけだ     そして、戦うとなれば相...
2008/04/22(火) 21:20:30 | 独り言の日記
『マレビトたちとの戦いを漠然と予期していたものの、拓朗とめぐみは、潜在者抽出のため彼らと同じように《影抜き》を利用した上、犠牲を防...
2008/04/22(火) 21:25:41 | Spare Time
ペルソナ・トリニティソウルの第十六話の感想メモのコーナー。ただし、話の詳細は他のブログでさんざん語られていると思うので省略。気になった部分をちょっと書く程度のメモなのである。 というわけで、第16話視聴メモは続きでどうぞ
2008/04/22(火) 21:30:31 | アホ理系青年の主張/窓野マサミ・真 非公式Blog
[画像] 珍しく、なんだかよくわからない回。 設定とかがなんだかよくわからなかったわけではなく。ただ、今回は話の構成がちぐはぐで、テンポの悪さを感じました(シーンでは特に、伊藤さんが銃で椎葉とそのペルソナを狙うとこ。なんだアレ)。いつもは流れるような
2008/04/22(火) 22:11:55 | 自分部活のメモ(ry
「彼らと戦う事が出来るのは君達だけだ」 いよいよ本格的にマレビトとの戦いが始まった感じですね! そして、今回は洵が――!!!(涙) ペルソ...
2008/04/22(火) 22:18:26 | WONDER TIME
ついに洵のペルソナも本格始動。 洵の、というより結祈のだよね。 綺麗だったなぁ。 タイトルの治癒の聖霊ってのは、この子のことだね。 叶鳴はやはり…という感じですなー。 怪しすぎるわ、キミ。 無意識ってのが、やっかいなんだけど。 いやぁそれにしてもほんと、面白...
2008/04/22(火) 22:21:07 | 橘の部屋
ぺぺぺぺペルソナ大戦争じゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!((((;゚Д゚)))) えらいこっちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!! でもさ、なんていうか…マレビトでは敵として役者不足ではないですか? おおっと、ここで“役不足”という間違った言葉を
2008/04/23(水) 00:05:34 | 垂れっ流しジャーマン
あああ、洵きゅんがぁぁぁぁぁぁっっっ!! ちくしょうぺったりめ!ぬっ殺しにいっちゃうぞ!! とりあえず、リバーシで勝負だっ!!(そ...
2008/04/23(水) 02:18:37 | 中濃甘口 Second Dining
「開放の子と治癒の聖霊」 洵が負傷しちゃったぁ~~っっ(泣)!! 諒との戦いの後、九条は失踪しているらしく、九ペルソナを取り込んで...
2008/04/23(水) 09:25:07 | ラブアニメ。
作画が作画が大ぴんちっ! ……って程でも無いんだけど、一部崩れているところがあって、物語は面白くなって来たのに先行き不安だぜ(;・∀...
2008/04/23(水) 20:58:22 | 万聞は一見に足るやも
ポンっと間違った操作をして記事を消してしまったときのあの感覚はたまらんね。まぁ別に自分はいつもアニメを見ながらてきと~に書いているだけだからそこまでショックは受けないけどね。DVD ペルソナ~トリニティ・ソウル~Vol.1【完全生産限定版】(4/23発売予定)【エ...
2008/04/24(木) 18:54:59 | 物書きチャリダー日記
ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.2 マレビトたちとの戦いを漠然と予期していたものの、拓朗とめぐみは、潜在者抽出のため彼らと同じように《影抜き》を利用した上、犠牲を防げなかった真田たちに釈然としない。また二人の胸にはそれぞれ、己のペルソナに対して抱き始...
2008/04/24(木) 21:17:06 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
PERSONA -trinity soul- 第16話 「解放の子と治癒の聖」 評価: ── もうすぐ、まとめて手に入る 脚本 むとうやす...
2008/04/25(金) 03:04:38 | いーじすの前途洋洋。
ペルソナ4PERSONA -trinity soul-第16話「解放の子と治癒の聖霊」です。 今週のペルソナ。沢城みゆき@洵が怪我しちゃったよ。戦闘早々アフロ君はいきなりどこかへ飛んでっちゃうし(笑)稀人たちも末期です。そんな第16話。 マレビトたちとの戦いを予期していたものの
2008/04/25(金) 03:08:26 | ALISAのLoveDestiny新館
大人だなあ ※追記
2008/04/25(金) 03:43:26 | コトマニ